FXの仕組みを理解

FXの仕組みを利益の出し方から理解しよう!

「FXって通貨と通貨を交換して取引するらしい」ってことは、何となく分かっていると思いますが、
ここでは、基本的な利益の出し方を解説していきます。

会社員ポイント!

 

FXの魅力や、注意点も合わせて解説しますので、
FX初心者の方は、よく理解してください!

 

FXの利益の出し方

FXの利益の出し方には、2種類あります。
「為替差益」「金利差益」を利用した二つの方法になります。
メインは「為替差益」での利益の出し方になりますよ!

 

為替差益による利益の出し方

まず「為替差益」って何?
ってことですが、通貨はその価値が常に変わり続けています。
「為替差益」は、その通貨価値の変動差を利用した損益のことです。

話を聞く男性

 

例えば、米ドルの1ドルの価値を日本円で表すと、
1ドル=103.57円
のような為替レートの表記になります。

 

為替ニュースなどで見たことがあると思いますし、
海外旅行に行ったことがある人は、通貨を交換する際に、見たことがあると思います。
空港には、いくつか銀行が入っていて、それぞれ微妙に為替レートが違っていたりしますね。

 

しかも、旅行に出発する時と、返ってきた時では、為替レートは違っています。
そうです、価格の価値は、動き続けていて、常に変動しています。

 

この価格変動を利用したのが「為替差益」です。
買った時のレートより高いレートで売れば、利益が出て、
低いレートで売れば、損失が出るってことです。

 

先ほどの例で見るなら、

1ドル=103.57円
を買って、売る時に
1ドル=103.97円になっていたら
0.4円の利益が出るってことです。

外貨両替

 

FXは、「米ドルと日本円」、「ユーロと英ポンド」、「人民元とスイスフラン」
みたいな感じで、2つの国の通貨ペアを売買して、その「為替差益」を得る投資方法です。
通貨ペアは「米ドル/円(USD/JPY)」という感じで表記されます。

 

為替レートが、上がるか下がるかは、投資家の判断になります。
読みが当たれば利益が出て、間違った判断をすると損失が出てしまいます。

 

金利差益による利益の出し方

各国には政策金利と言うものがあります。

地球

 

日本は、現在、マイナス金利政策をとっています。
これは、銀行が、中央銀行(日本銀行)にお金を預けても、利息が付かないどころか、
マイナス金利だから、逆にお金支払わないといけない!と言うものです。

 

個人が銀行に預ける分には、マイナスにはなっていませんが、超低金利で、利息なんてほとんどつきませんね(泣)
その分、住宅ローンなどの金利が安くなっていますので、大きな買い物するには、良い状況かもしれません。

 

FXにもこの金利が適用されていて、
FX取引の日本円の金利は、2016年10月現在、0.1%です。
米国は、0.5%です。

 

そして、その各国の金利の差が、取引すると投資家にも還元されます。
米ドル/円ペアなら
0.5%-0.1%=0.4%
0.4%の金利が、投資家に還元されます。

納得する女性

 

この0.4%は、年率になります。
FXでは、この年率で得られる金利額を日割りにして、毎日受け取ることができます。
その金額をスワップポイントと言います。

 

「金利差益」は、「為替差益」と比べると、小さな利益になります。
ですので、大きな通貨量を長期間で保有する取引スタイルとなります。

 

FXの魅力

FXには、株式投資や外貨預金にはない魅力があります。
それを順に解説していきます。

 

「買い」「売り」のどちらからでも始められる!

FXをやったことない人だと、為替差益の出し方は、
「レートの低い時に買って、レートが高くなったところで売る」
というイメージだと思いますが、「売り」から始めることができます。

 

「レートの高い時に売って、レートが低くなったら買いもどす。」
というやり方です。

感心する男性

 

これはFXならではですね。
株は、基本的には「買い」しかできません。
(空売りという方法がありますが、FXの売りとはまた違います。)

 

「買い」「売り」の両方から始められるので、
FXは、相場が上昇していても、下落していても利益を出せる可能性があるってことです。

 

手数料が安い!

FXは、取引手数料と言うものが、無料です。
かかるのは、スプレッドと呼ばれる小さなコストです。

ガッツポーズする女性

 

 

 

一般的に、100万円分の取引でかかるコストを他の投資と比較すると、
下の表のようになります。

FX 30〜200円
株式投資 500〜1000円
投資信託 2000〜1万円
外貨預金 2000〜1万円
先物取引 15000〜3万円

FXは圧倒的にコストが安いですね!
これは、効率がいいですね!

 

預けた金額以上の価値の通貨を取引できる!

ここで説明することが、FX最大の魅力にして、注意点でもあります!
FXは、FX会社の口座に100万円預けたら、100万円分の通貨量以上の通貨を取引できます。

大金

 

米ドル/円のペアなら、
1万ドルを取引するのに、
約4万円から約100万円の資金で取引が可能なのです!

 

これは、レバレッジという仕組みがある為です。

1ドル=100円の場合、1万ドルを購入する時、
通常は、
10,000ドル×100円=100万円
100万円が必要ですが、
レバレッジは倍率25倍まで掛けることができ、その25倍なら、
100万円÷25倍=4万円
という事になります。

 

レバレッジを掛けた取引の注意点

上の例の場合、
為替レートが1ドル=101円になった時に売れば、
10,000ドル×101円=1,010,000円
1万円の利益がでます。

 

レバレッジ無しなら
100万円の資金で、1万円の利益。
レバレッジ25倍なら、
4万円で、1万円の利益。

 

これは、利益額は同じですが、利益率は非常に良くなります!

 

ただし、為替レートが、1ドル=99円に下がった場合は、
損失額が1万円になり、
レバレッジ25倍だと
資金4万円に対して損失額が1万円ということになります。

非常に大きな損失率になるという事がわかると思います。

ポイント

 

レバレッジをかけた取引は、ハイリスク・ハイリターンになることを覚えておいてください。

 

 

 

arrowトップページに戻る